インナーカラー

上質な大人女性のためのインナーカラーをご覧いれます。

こんばんは。

いや~。

やってやりましたよ。
食ってやりましたよ。

『M』を。

ヤスオです。

『M』、、、

赤いアフロの気狂いピエロの店のことですね。

最近のクーポンの使いづらさときたらね、、。

まず、最近の新メニューの方向性間違ってるよだってジャンクフードのよさってものを・・・

長くなるので、やめときます。

さて。

今回のお話。

『上質な大人女性のインナーカラー』

についてです。

ここ最近、

僕、『インナーカラー』に関しての
エントリー書きまくってますが、

それ相応の要望があるのですね。

アクセサリー感覚で、
ちょっと派手な色入れたいって女の子はもちろんなのですが、

実は一番ご質問されるのが、
『おしゃれなオトナ女性』
だったりするんですね。

もちろん、おしゃれも人それぞれ。

いろいろあるとは思うのですが、

『ファッションを自由に楽しむ』というような、
下手に守りに入っていかない、

ほんと、自然体で、かっこいい女性。

そんな方々からのお声が絶えない。

各種SNSでも、
「やってみたいんですけど、、、、」
とか、
「似合いますかね??」
などなど、尋ねられます。

そんな中、、、

そんなオトナ女性たちのレペゼンとして、

いらっしゃいました☆

僕がめっちゃ憧れてるご家族の奥様。

実は、このかた、

以前僕のブログに登場してくれた、
あの中学生のママさん。

その時のエントリー
↓↓
『日本の未来は明るい~』

なんておしゃかわいいんだい!
親の顔が見てみたいわ~!

って思ってた方。

おめでとうございます。

見れましたね。

僕『本日は、どんなイメージにしましょうか?』

ママさん『ブログでみたよ♡インナーカラーにして♪』

若干ですが、漏らしまし

なんと嬉しいオーダーでしょう。

誠心誠意やらせていただきまっす!

ということで、

前回のグラカラーが褪色している状態。

仕上がり目標としては、

1.ベースはビターなアッシュ
2.毛先に向かって絵の具の『白』を混ぜた感じに
3.インナーカラーは柔らかなグレーに

という、カラーデザイン。

作業工程は、ここでは明かせませんが、

あくまでも、
『大人の余裕感が漂う』
という範疇を逸脱しないように。

そして、仕上がりにございます。

まずはバック。

目標項目の1・2はクリア。

続いて、サイド。

光の当たり加減ですが、
項目の2がわかりやすい写真かなと。

アザーサイド。

カットも無駄なセニングは入れません。

程よい『たっぷりさ』が、上質を演出します。

そして、、、。

『インナーカラー』
ちょい耳掛けバージョン。

項目3も、クリア!!

さらに耳掛けをしっかりバージョン。

きれい、、、。

耳の裏から、見えるグレーが、

横から見ると『毛流れ』
正面から見ると『輪郭ぼかし効果』

を演出してくれます。

ああ。それにしても、素敵な人。

んっとにおしゃれファミリーなんですよ。

憧れでしかない。

ミカさん!ご協力ありざす!!

これからも楽しいデザインさせてください(*゚ー゚)ゞ

ご覧のみなさん。
楽しいデザインを買いに来てください!

お待ちしています。

denpatsu street YSO

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  2. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  3. 質問が非常に多いので、、、、答えます。
  4. お待たせしました。日本初!技術特化型オンラインサロンオープンのお知らせ。
  5. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜

関連記事

  1. インナーカラー

    アメージング職人のお仕事です。

    本日は休日。朝イチから犬に起こされ、、、ねむすぎるので、も…

  2. スタイル

    日本の企業も変わりつつあるのご存知でしたか?

    こんにちは。埼玉県熊谷市の美容室電髪倶…

  3. カラーリング

    ブロックハイライトというデザイン。

    こんにちは。埼玉の人です。ざっくり…

  4. カラーリング

    改めて、わかるホイルワークの魅力

    土曜の昼下がりにこんにちは。埼玉県ん熊谷市…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 個性派ヘア

    素材を活かすのはとっても大切ね。
  2. 個性派ヘア

    ベビーピンクのグラデーションはいかがでしょ。
  3. ブログ

    さ!再募集です。
  4. アレンジ

    機会に感謝で生きています。
  5. スタイル

    日本の企業も変わりつつあるのご存知でしたか?
PAGE TOP