カラーリング

パワーカラー特集第2弾 『グレー×グレー』

こんにちは。

昨日は芝刈りに1日費やした
埼玉県熊谷市の美容室
電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

『KN2』

あ、筋肉痛です。

さて、
前回のお知らせ通り

『パワーカラー』
について書きます

今回は
『グレー×グレー』

まずは、ビフォアの写真を。

ブリーチはしていないのですが、

完全に褪色している状態。

毛先の方は、
ブリーチしたんじゃないかってくらい
黄色くなってますね。

今回のオーダーは
『少し落ち着かせて♡』

やはりハートついてました。
しかも多分、その後ちっちゃい声で
(ダーリン♡)
って言ってました。

多分。

☆:*・゚(●´∀`●)

ということで、
今回のケースでは、

『グレー×グレー』をチョイス。

この明るさの場合、
懸念されるのが、

中間付近の『赤み』
毛先付近の『黄み』
のバランス。

赤みに合わせた、調合をすると、
毛先はグリーンに濁ってしまう。

逆に黄みに合わせた調合ですと、
中間部は赤みが、消えない。

もちろん、サロンカラーの場合
その箇所その箇所で、
対応したカラー剤を作るのですが、、、

目的の色があるので、
その色がベースだとして、

箇所によって対応するカラー剤を
混ぜれる量は決まってきてしまうんですね。

多くても、40%まで。

それ以上混ぜこんでしまうと、

これはもう、
根元から毛先の
『色味』『明るさ』『鮮やかさ』
この三点が、均一になることはあり得ない。

というわけです。

ですから、通常、
『赤み』が嫌な人の場合、
根元から中間の赤みをとり、
そして『隠す』ような選択をする。

この”赤みをとる”
ということは、
日本人の場合、

『なるべく地毛の色素を削る』
要は、明るくしなければならないんです。

なので、
『グレー』とか、『グレージュ』などの
アッシュっぽいカラーの場合、
明るくせざるを得ないわけです。

SO・KO・DE

このパワーカラーのおでまし。

ブリーチを使わずに
アッシュ系統で、なおかつ
”トーンは暗め”
を表現できる。

そんな、魔法のような
カラー手法なんですね。

で、染まり上がり。

ん~グレイッシュ。

や~グレイッシュ。

見事に、ブラウンではない
『グレー』になっていると思います。

写真だと
加工してんじゃないの?
とか、
よくわかんない!
とか聞こえてきそうなので、

動画を用意しました。

「ちょっと首振って」
とお願いしたところ、、、

まさかのヘドバン並みの速さ。

さすが、フェス好きですね。

おかげで、リプレイ作るはめに。

それでも、お分りいただけたと思います。

パワーカラー
グレー×グレー

要チェックですよ。

最後に
僕のエア彼女を務めている
かわたさん。

ご協力あざした!

写真撮ってんのに、
アーモンドを食べ続ける胆力。
惚れ直しました。

これからもよろしくたのんます。

それでは、
次回の
パワーカラー特集第
をお楽しみに♪

denpatsu street YSO



ピックアップ記事

  1. 質問が非常に多いので、、、、答えます。
  2. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  3. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜
  4. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  5. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜

関連記事

  1. カラーリング

    いよいよ発売だね。アレ。

    2月25日 曇り。今日は一段と、知らないう…

  2. カラーリング

    オンブレカラーのその後は、、、

    おはよごじぇいます。休みの日を満喫したい埼玉県熊谷市の美容室…

  3. カラーリング

    誰でもできるグレイッシュなヘアカラーの秘密

    おはようございます。埼玉県熊谷市の美容院電髪倶楽部ストリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. バッサリさん

    20センチのバッサリさんをくせを活かした『フレンチボブ』にというお話
  2. どーでもいいコト

    もはや定期になりつつある、、、
  3. ブログ

    行ってきました。長野県。
  4. ブログ

    アメージング職人、大阪に上陸の巻
  5. 個性派ヘア

    あのアーティストを本気でデザインしてみた件
PAGE TOP