ブログ

破壊力バツグンだったというお話

こんにちは。
埼玉県熊谷市の美容院
電髪倶楽部ストリートのヤスオです。
いやちょっと、
おもしろいこと起きましてね、、
前回書いたエントリーが、
こちらです←
まぁ、軽くバズったわけですけれども、、
{69F6CD79-70C9-4EC5-A432-00CE9A154FA6:01}
今朝もアメブロのアクセス解析見てみたら、、
{0A8EDD25-A715-4B55-BD92-BB93E3BC61BA:01}
(きょ、今日もバズってる!!)
という事に。
2日連続で、同じ記事が見られることって、
まずないことなんですが、
前回のエントリーの破壊力、、、
正直ビビってます。
(´-`).。oO(確かに思い返せば、、)
前回のエントリーを書いてから、
Facebookでは、
フォローと、友達申請合わせて、
30名
インスタにおいては、
10名
LINE@においては、
30名
ツイッターにおいては、、、、
爆。
計り知れない、破壊力だったようです。
そしてなにより。
1番面白かったのが、、
『ほとんどが美容師』
の方だったりした事。
一部掲載します。
{CD527C3A-3354-4D23-B5F5-46FB57AFAEB0:01}

だとか、

{83BB9189-F89B-4FDA-B5AA-A7AA2E6B7684:01}
だとか、、
{54B8A595-D679-480B-8ADA-8FA74F60EFDC:01}
とかね、、
{A77FCA25-6997-483A-9BB4-C297C44F78A7:01}
山口の方まで、、
LINE@でも、、
{D2C7403E-2F69-4ACC-91D5-A271B871283C:01}
{2D485642-7509-49AF-9AD7-8DAE412AE6EB:01}
だとか、、、
{3CD95477-9B9D-42AF-A7DF-C04F123910D6:01}
徳島の方まで、、、
なんだろ、、、
みなさんすごく勉強熱心。
見習わなきゃなと、逆に凹みました。

今の時代のSNSのすごさもありますが、
会ったことのない、
ましてや、同業者の人間に、
自ら進んでコミュニケーションをとっていく。
僕も含めて、
今のうちのスタッフに足りない
『ガッツ』
のようなものを感じました。
みなさんありがとうございますT^T
これからもブログ発信頑張ります(`_´)ゞ
メーカーの皆さん。
僕、何処へでも行きます。
講習の依頼お受けいたします(`_´)ゞ
よろしくお願いしますww
あ、もちろん一般の方からも、
熱いコールが。
{A521343E-16AE-4968-8EE4-C98FC56F36EF:01}
だとかね、
{3607D2E1-2DDF-48C9-B927-E1F594074552:01}
という、昔きてくれた事があったけど、
転居で(それが理由かわかりませんが;^_^A)
なかなか足が、
遠のいてしまった方まで、、、
ホントにありがたい事ですT^T
これからも精進して参りますゆえ、
何卒、よろしくお願いします(`_´)ゞ
さて、今日も良い仕事して参ります。
ご報告までに❤︎

ご連絡はこちらをクリックしてください
↓↓
YSO

日常的に愚痴ってます。

ツイッターはこちらから←

日々のお客様のスタイルはこちら

インスタはこちら←



埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. 重要なお知らせ〜その2〜って話!
  2. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜
  3. 質問が非常に多いので、、、、答えます。
  4. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  5. 重要お知らせNo.3〜4月1日より僕のカラー料金が変ります〜

関連記事

  1. ブログ

    以前捕獲した子が、さらに進化!

    こんばんは。明日は休みです。疲れた様子。…

  2. ブログ

    噂のあのシャンプーをナナに使わせてみた。

    こんにちは。埼玉県の意識高い系美容師です。…

  3. ブログ

    グラデーションカラーマスター講習を終えて。

    行って参りました。栃木県佐野市。そう。本日は、23店舗展開(確か、…

  4. ブログ

    さ!再募集です。

    こんばんは。埼玉の者です。&nbs…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ブログ

    オドロキのニュース、、、、
  2. プライベート

    撮影終えて
  3. ブログ

    これもお仕事、、
  4. ホントにどーでもいいこと

    ヤスオの奇妙な冒険 女子編
  5. カラーリング

    ハイライトという技術について〈その2〉
PAGE TOP