スタイル

不動の人気“内巻きストレート”のお手本ヘア

こんにちは。

埼玉県熊谷市の美容院

電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

 

前にね。僕、

こんなエントリー書きました。

 

 

これね。

 

 

オチを言ってしまえば、

僕の親戚だったって話のあやちゃん。

 

そうです。

あのおカワな女の子です。

 

先日、再来店していただけました。

 

オーダーを伺うと、、、

 

インナーカラーをやめて、

ブラウン系にトーンダウンしたい

とのこと。

 

なにやら、実習的なものが

あるようでして。

 

十分インナーカラーも

楽しんだようでしたので、

ここはひとつ。

 

センスのあるブラウンに。

 

元々、肌の色が白く、

ちょっと、外国人の子供のような

雰囲気がある子。

 

そこら辺、活かしたいと思います。

 

簡単に言うと、

『柔らかさ』

これを大事にしながら、

トーンダウンです。

 

 

 

んで、仕上がり。

 

 

 

 

 

 

ね。

 

柔らかさ感じるでしょ?

 

大概、ハイトーンをトーンダウンすると、

少し硬い印象に仕上がりがち。

 

 

というのも、

『ブラウン』を作る時、

赤みを適度に入れていかなければ

いけないんですけど、

 

柔らかさ残したい場合に、

美容師側としては、なるべく、赤味を

入れないで作りたかったりするんです。

(褪色時の嫌な赤味を嫌って)

 

でも、そうすると、

思いの外、

 

『暗くならない』

または、

『沈みすぎる』

 

といった現象が起こります。

 

よくある失敗談です。

 

それに対してはいろいろな対処法ありますが、

 

ひとつ、言えるとしたら、

 

『ベージュと紫をうまく使いましょう』

 

これがコツとなります。

 

 

 

 

さすれば、程よい、柔らかな印象を

残せるでしょう。

 

 

 

 

ちなみにカットにも工夫をして、

全て、ブラントで対処しました。

 

量感調節は、ウィービングカットと

深めのチョップカットのみです。

 

丁寧に施せば、

上がりもやはり綺麗かと。

 

 

 

非常にお似合いなんではないでしょうか。

 

なんつーか、、、

 

『ガーリーど真ん中!』

に仕上がりました。

 

 

あやちゃんありがとね。

 

次は、ソンブレに挑戦しよう!

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

まさにお手本となる内巻きストレートスタイル。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

それでは、今日もはりきります。

 

 

YSO

 

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. 『南国の鳥にしてくれ。』と言う注文入りました。(最後に重大発表)
  2. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜
  3. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  4. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  5. 重要お知らせNo.3〜4月1日より僕のカラー料金が変ります〜

関連記事

  1. スタイル

    甘すぎないクールなハイトーンヘアをどうぞ。

    おはよす。今日は休み明け初っ端からの早朝セットで、早起きです。…

  2. カラーリング

    結婚式で映える色『ウエディングなカラー』

    誰もが一度は憧れる『結婚』そして、そのこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インナーカラー

    お着物にマッチするインナーカラーをデザインしたよ。
  2. ブログ

    電髪倶楽部社内コンテストの後記
  3. どーでもいいコト

    またですよ、、、またやりやがったんですよ。
  4. スタイル

    ばっさりカットの1年後スタイル
  5. 個性派ヘア

    イケメンカフェ店主のイメチェンレポート
PAGE TOP