スタイル

パーマで作るフレンチガーリーな波ウェーブ

はい。

こんばんは。

 

埼玉県熊谷市の美容院

電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

 

先ほどのエントリーの

乱心っぷり、お許しください。

 

 

 

気を取り直して。

 

 

 

先日、とっても素敵な

パーマデザインしましたのでシェアしときます。

 

 

 

こちらの方。

 

ご来店時はウエストの位置まである

スーパーロングでした。

 

オーダーを伺ったところ、

『パーマかけたいんでしゅ♡』

『フランスの女の子のくせっ毛みたいな♡』

 

 

おうっふ。

 

まちげーなく似合うことこの上なし。

 

最近、よくみる『波ウェーブ』

形状なんですが、

これをパーマでやるっとなると、

ちょいとコツがいるんですね。

 

そこは割愛させていただいて、、。

 

コテやアイロンで作る波ウェーブよりも、

パーマで作った方が、より、

本物のクセっぽいニュアンスが出ます。

 

(シンプルにかわええ)

 

もともと、色素薄い系の彼女には

どストライクなデザイン。

 

 

 

 

なんていうか、『少女感』

とでもいいましょうか、、。

 

すごくノスタルジックな雰囲気。

 

そして、ある種の『品』を感じます。

 

これも、彼女の持てるポテンシャルのおかげ。

 

 

 

 

本当にお人形のようですね。

 

 

 

 

 

 

、、、なんか

 

 

 

 

 

アートっぽく仕上がりました。

 

みなみちゃん、ご協力ありがと!

 

 

ロングでも、切り口(カットライン)

そして、質感表現(パーマとか、セット)

次第で色々な雰囲気がまとえるかと。

 

僕が大事にしているのは、

『ニュアンス』や『雰囲気』といった

情緒的な部分です。

 

それは、

時に『適当』と曲解されがちですが、

そうではなく、

まっすぐな線を定規で引くのではなくて、

フリーハンドで引くようなもの。

 

同じまっすぐでも、どこか違います。

『温かみ』があったり、

『ハンドメイド』っぽかったり。

 

技術者として、『正確無比』を目指しますが、

僕はやっぱり、そういった部分にこそ

価値があるのだと思っています。

&nbsp
;

 

 

これからも、

お客様の『細かすぎて伝わらない』何かを

感じ取れる美容師でありたいと思います。

 

 

YSO

 

 

 

 

 



ピックアップ記事

  1. お待たせしました。日本初!技術特化型オンラインサロンオープンのお知らせ。
  2. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  3. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  4. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜
  5. 重要なお知らせ〜その2〜って話!

関連記事

  1. スタイル

    【実録バッサリさん3】結婚式を終えてのバッサリ

    おはよございます。埼玉のしがない美容師です。昨日もたく…

  2. スタイル

    おしゃれショートでポカる。

    こんにちは。二連休中の白ヒゲのおじさんです。今日はポカポカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ブログ

    さよなら2017。ありがとう2017。
  2. ホントにどーでもいいこと

    ヤスオの大冒険〜着きました。〜
  3. カラーリング

    アメージングカラーの展開例
  4. 個性派ヘア

    『熊谷のアメージングカラー職人とは僕のことです』というお話
  5. 個性派ヘア

    アート好きな方に。草間彌生オマージュボブ
PAGE TOP