カラーリング

大胆カラーチェンジ!話題のアディクシーのあの色を使ったレシピ

皆様おはようございます。

埼玉県熊谷市の美容院

電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

2月最後の土曜日。

いかがお過ごしの予定ですか?

リア充キメますか?

それとも、、、

こちら側の人間になりますか?

仄暗い穴の中でお待ちしています。

さてね。

以前も登場してくれた、

僕の遠い親戚だった、あやなちゃんが

カラーチェンジをしに来てくれたので

そのレポートを。

 

さて、今回はどのようなアメージングを

見せてくれるのでしょうか。

ちなみに前回のカラー(上の写真)、

各種 SNS上で質問の嵐となりました。

なので、リンク貼っておきます。

http://ameblo.jp/pawana127/entry-12240379534.html

結構詳しく書いたのだけど、、。

そしてあれから1ヶ月ほど経ち、

ある程度褪色してのご来店。

今回のオーダーは、、、

『赤紫にしたいー!』

とのこと。

グラデーションの毛先だけじゃなく、

ベースもそれに準ずる色にしたいそうで。

これまた随分と攻め気だよこの子。

一応、事後の確認を怠らず、

(次回の時にしづらい色の確認)

進めることに。

もちろん、今回も、

(でますよ、、)

(準備はいいですか?)

(ほら)

(あれです。)

(久々のフルサイズでどうぞ)

押しも押されぬアディクシーです。

ベースはこの子でいったります。

前回同様、

毛先の部分はロコル様で。

この二つがあれば、

どこまでも行ける気がします。

んで、先に仕上がり。

このようになりました

 

赤紫=ワインレッド

と言っても良いのかな。

  

前回のラベンダーよりのカラーに比べても

これまた遜色ない仕上がりかと。

 

ほんのりと見て取れると思いますが、

ベースもきちんと毛先に準ずる色に。

こういった配色って

グラデーションカラーの極みですね。

ちなみに自然光で写真を撮ると、

ベースのアディクシーが効いてきます。

自然光の下では、、

はい!高彩度!

アディクシー導入サロンの方なら

わかるかと思いますが、

『え?こんな色あったっけ?』

となりますよね。

はい。

ありません。

単品では。

そこで登場するのが、

『RED』

です。

今回は、アメジストとレッドを

3:1でミックスです。

ちなみに3%でね。

すると、こんな風に映ります。

ね?

綺麗なグラデーションでしょ。

室内と比較すると

このような違いが。

光源はとても大切ですね。

美容師の方で、

これからスタイル写真を頑張りたいと

思っているなら、その辺に気を配ると

良いのではないでしょうか。

偉そうにスンマセン。

でもまあ、

いやぁ、綺麗に決まった。

あやなちゃんいつもありがとね。

バイト、クビにならないことを

祈っているよ。

さて、今日も張り切って

いきます!

YSO

ご質問、ご連絡などはもちろん、
講習・ワークショップなどのご依頼は、
こちらからどうぞ。

 

 

日常的に愚痴ってます。

ツイッターはこちらから←

日々のお客様のスタイルはこちら

インスタはこちら←

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. 業界大注目!!3エフのル・ポリサージュの色落ち経過レポ
  2. お待たせしました。日本初!技術特化型オンラインサロンオープンのお知らせ。
  3. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜
  4. 『南国の鳥にしてくれ。』と言う注文入りました。(最後に重大発表)
  5. 重要なお知らせ〜その2〜って話!

関連記事

  1. カラーリング

    ハイライトにまつわる連続イメージチェンジ

    昨日に引き続き、、、春です。季節の変わり目です。イメージチェン…

  2. カラーリング

    同じような長さでもイメージチェンジは可能ですYOって話。

    イメージチェンジ。春ですからね。春はアケボ…

  3. カラーリング

    アメージング職人が作る進化に進化を遂げたグレイヘア

    こんにちは。埼玉県熊谷市の美容室電髪倶…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カラーリング

    バレイヤージュで『大人キレイ』を作ろう。
  2. 個性派ヘア

    個性派ヘアした半年後はどんな髪型にしよう
  3. ブログ

    2014大晦日 最終営業を終えて
  4. スタイル

    滋賀県からご来店。黒七味って知ってます?
  5. どーでもいいコト

    美容師の裏側
PAGE TOP