スタイル

アメージング職人がカットだけでイメチェンしたYO!って話。

おはよございます。

今日は朝からアレンジセットで10名様スタートです。

10名、、、あれ?成人式かな?ってくらいのボリューム。

 

その隙間にブログを更新します。

(その後混み合って、続きを今書いています。てへ。)

僕は自称アメージング職人です

そう。アメージング職人と省略していますが、正しくは、

『アメージングカラー職人』が正解です。

目を見張るような。

2度見されるような。

そんなカラーデザインを得意としています。

何も、派手髮というわけではありません。
(ナチュラルでも目を見張るデザインもあります)

そんなカラーに特化している僕が、あえて、
カラーをしないで、イメージチェンジを試みます。

カットオンリーということです。

 

 

まず、ビフォアの状態は、、

 

今回快く、モデリングをしてくれた、ユキちゃん。

愛媛の大地ですくすくと育った小柄で可愛らしい女性。

髪質は比較的素直で、どちらかというと、ペタッとしてしまうのが嫌だそう。

 

今回のオーダーは、

『ボブの範囲で似合うように』

とのこと。

 

いろいろな方向にコーミングしながら、
彼女のお顔の特徴、話す表情、雰囲気から、イメージしていきます。

この辺は美容師さんならば、皆さん共感してくれるかと。

 

で、導き出した答えが、、

 

『ダブルボブ』と言ったデザイン

要は、『ボブ』の上にさらに『ボブ』が乗っかってくると言ったデザイン。

内側にラインを引くという意味でのボブ。

外側に質感を表現するためのボブ。

このようなデザインを採用しました。

 

まずは、バックビューから

 

このように仕上がりました。

 

ボブの魅力の一つである、『ラインを引く』ということ。

肌と髪のコントラストがキレイ。

 

少し動くと、、

 

 

外側の質感のためのボブが揺れ動きます。

ライトサイドはこのように。

今回はサイドパートにブローしたので、右側の方が内側の長さが露見します。

顔まわりに一筋残して。

 

 

ヘビーサイドはこう。

外側のボブは前下がりのラインで設定しているので、ヘビーサイドは前下がりに見えます。

そして、ゆったりとした質感。

 

ビフォア&アフターで比べてみましょう。

 

このように変わりました。

 

 

カットだけでも違いますよね?

 

軽く耳かけしてみても、、

このように。

 

 

『LINE and RHYTHM』

そのような意味を込めたデザイン。

 

 

とってもお似合いなんじゃないでしょうか。

 

ゆきちゃんご協力ありがと!

 

最近カラー記事ばっかだったので、たまにはカットデザインのお話をっていうことでした。

 

一応、僕はカラーリストではなくて、ヘアデザイナーです。

今後とも宜しくお願いします。

 

さて、後半も頑張ってきます!

 

YSO

 

ご質問などありましたら、
こちらからどうぞ。

 

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜
  2. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  3. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  4. 重要お知らせNo.3〜4月1日より僕のカラー料金が変ります〜
  5. 重要なお知らせ〜その2〜って話!

関連記事

  1. インナーカラー

    まだまだあるYO!インナーカラーのバリエーション♡

    という事で、おひさしぶりです。埼玉県は熊谷…

  2. カラーリング

    ブロックハイライトというデザイン。

    こんにちは。埼玉の人です。ざっくり…

  3. カラーリング

    同じような長さでもイメージチェンジは可能ですYOって話。

    イメージチェンジ。春ですからね。春はアケボ…

  4. スタイル

    【実録バッサリさん3】結婚式を終えてのバッサリ

    おはよございます。埼玉のしがない美容師です。昨日もたく…

  5. スタイル

    広がりやすい髪質でもできるおしゃれショート

    おはよございます。ここ数日、非常に天気も良…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カラーリング

    ネクストトレンド発表!『ホワイティカラー』についての考察
  2. ブログ

    大盛況感謝です。そして、感動営業の秘密を公開します。
  3. どーでもいいコト

    またですよ、、、またやりやがったんですよ。
  4. カラーリング

    バレイヤージュって大胆のようで繊細だったりするよね。
  5. バッサリさん

    髪をばっさり切ること 
PAGE TOP