ブログ

気になったからのぞいてみたら、、絶句した件。

 

 

おはようございま。

最初に御礼を。

前回の記事にいいねをくださった方々。
アイシテマス。あざした!!

そんな皆様のおかげで、また書こうと思えます。
いつもいつもありがとうございます。

 

さて。

2連休いただきました。トドのように寝て過ごしました。かわいい。自分。

ま、寝て過ごしたというのは大げさで、実際は、、

犬と遊ぶ→タイヤ交換→犬と遊ぶ→娘のPTA関係の用事済ませる→犬と遊ぶ。

といった過ごし方でした。平穏。実に平穏な休日です。

 

そんな休日は、基本的にケータイを見ません。
(なので、各種SNSにて返事遅れます、、)

ですが、まぁ、ちろっとトゥウイッターをみてみたんですね。

 

そしたら、、、

 

こんなん出てきましてね。

 

ええ。4代目ストリート店長の江森克仁くんです。
(あ、アーロンくんのことですね。)

なにやら、リンクをそのままツイートしておる。

『HAIR』とあるので、もしかしてまたまとめられた?

注)『HAIR』というのはヘアカタログアプリですね。
  モデル・スタイリストがヘアスタイルを20万点
  ほどアップしていて、最近ではモンスター化しつ
  つあります。便利ですね。

 

気になるのでのぞいて見ましょう。

 

PCベースだとこんな感じ。

ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

素敵なキャッチコピーです。いやまさに。そのとーり!

 

そそ、このアプリ、ヘアスタイルだけではなく、『コラム』や、『まとめ記事』なんかも載っていて、すごく使い勝手が良かったりするんです。

実際、まとめ記事のライターさんが誰なのかはわかりませんが。

でも、美容師としてはありがたいですよね。取り上げてくださること。

んで、今回の記事は『グラデーションカラー』『黒髮ベース』というのがキーワード。

 

ほうほう。して江森くんはどこかね??

 

スルスルっと、、、

 

 

 

いたっ!

いいじゃないですかいいじゃないですか。

一年くらい前だったか、彼に、
『ブログだけじゃなくてこれにも投稿しなよ』

と、伝えたのが、やっと開花してきました。

えらいぞ。コーラくん。

継続は力なりだね。

 

他にはどんなスタイルが載ってんのかなと、さらにスルスルっと。

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

ええっ!

 

 

 

 

 

僕も載ってますやん。

 

 

 

間違いかなっと思い、この記事のスタイリストの欄を見ると、

 

 

 

わかります?

 

 

 

と、このように。

 

今まで、個別で取り上げられたことはありましたが、

同じ記事内で取り上げられたのはお初です。

 

全国に腐るほど美容師おるのに、、、

まさかの電髪ストリートから2名も、、涙

 

ありがていことです。

 

せっかくなので、リンク貼っときます。

 

 

 

どこぞの誰がまとめてくれたかわかりませんが、
御礼申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

皆様もおヒマな時間ありましたら是非のぞいて見てください。

 

 

さて、今日も燃えていきます。

 

 

YSO

 

 

 

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. 重要なお知らせ〜その2〜って話!
  2. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  3. カラー剤って言っても、いろんな種類や特徴があるんです。
  4. お待たせしました。日本初!技術特化型オンラインサロンオープンのお知らせ。
  5. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜

関連記事

  1. ブログ

    感無量です。ブログ書き始めて初の!!

    おはよございます!土曜の夜に一人ラーメンした埼玉県熊谷市の…

  2. ブログ

    密会してきました。

    先日ね、、。『密会』し…

  3. ブログ

    行って来ました新美容。part1

    おはようございます。埼玉県は熊谷市の美容師…

  4. ブログ

    今年も色々なインナーカラーをデザインさせていただきました。

    すっごい。すっごいお久しぶりです。ブログ書くの。 今日は聖なる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ブログ

    エールを贈ります。
  2. ブログ

    アンニュイ状態でのイタリアンクラシコ
  3. どーでもいいコト

    この時期といえば、、、
  4. スタイル

    ハンサムガールは突然に お手本にしたいスタイル
  5. どーでもいいコト

    水のチカラ
PAGE TOP