インナーカラー

キレイな形のボブを切ること。それプラス・・・って話。

 

おはようございます。

埼玉県熊谷市の美容室
電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

 

寒波やベーっすね。寒波。

朝が辛い季節になって来ました。

お布団から出るの苦労しますよね。

 

そんな時の僕のライフハック。

 

まず、目が覚めるでしょ?そしたら、、

 

 

布団をどーん!と吹っ飛ばす。

んです。

起きれます。

 

真似してみてね☆

 

 

いやいやそんな話じゃなくて、今日のお題はコレ。

 

 

そう。コレね。

 

 

ボブ。コレは日本の美容業界において非常にウエイトが大きい部分。

 

日本のトップオブ美容師 川島先生の代表作の一つでもある形。

 

とあるメーカーに聞いた話。

埼玉のとある美容師さんが、売上に伸び悩み、どうにかしなきゃと悩み、取った行動が、、

『ボブを極める!』

だったそうで。毎日毎日、ボブを練習したそうです。

その結果、、、

 

前年比180%売上アップ!

 

という驚異的な伸びをしたそうな、、。

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

 

ボブすげえぇ。

via GIFMAGAZINE

 

 

そんな逸話もあるこのスタイル。

 

僕も大好きです。

先日そんなボブを切りました。

 

丁寧に角を取り、すきバサミは使わずに、
チョップカットのみで調整したグラデーションボブです。

 

 

ただまぁ、、

それだけでは、アメージング職人の名がね、、

 

最近は、僕が提案するまでもなく、求められます。

だから、よーくみてみると、、、

 

 

わかります?

 

 

 

そう。インナーカラーもね。

 

入ってるよね。

 

キレイな形のボブだからこその、映えるデザイン。

 

 

 

どんなに激しく動いても、ビシッと決まるボブだからこそ、配置さえ工夫すれば、ハイトーンであっても上品に映ります。

 

 

配置大事ね。コレは本当に。

 

 

 

素敵なんじゃないでしょうか。

 

 

時代はどんどん変化・進化していきます。

誰かが成功した例をそのままやるのではなく、試行錯誤しながら、

 

『それプラスα』

を作っていく。

 

 

そんなユーモアが必要なのではないでしょうか。

 

 

そう。僕の美容テーマは、、、

 

 

髪に毒気を。

 

です。

(来年自サロンをオープンされる朱門さんと笑)

 

普通じゃ終わらせません。

 

どうぞ、変わり者の方。お待ちしています。

 

 

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。

ピックアップ記事

  1. 質問が非常に多いので、、、、答えます。
  2. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  3. 『南国の鳥にしてくれ。』と言う注文入りました。(最後に重大発表)
  4. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  5. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜

関連記事

  1. スタイル

    短い前髪の魅力 以前に登場してくれた彼女がイメチェン

    おはようございます。 昨日もマクドナルドにお世話になった埼玉県熊谷市の…

  2. スタイル

    男子よ!刮目せよ!これが外国人風メンズショートスタイルだ 

    ただいま深夜1時。。 いま、ただいま。 12月ですからね。 やるコトた…

  3. スタイル

    イケメン登場!!男性ならば是非参考にしたいスタイル

    こんにちは。 最近、皇潤を飲もうか迷っている埼玉県熊谷市の美容室電髪倶…

  4. カラーリング

    結婚式で映える色『ウエディングなカラー』

    誰もが一度は憧れる『結婚』そして、そのこと…

  5. インナーカラー

    上質な大人女性のためのインナーカラーをご覧いれます。

    こんばんは。 いや~。 やってやりましたよ。食ってやりましたよ。 『M…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。
  1. キュレーション

    『〇〇な美容師』って明言する大切さ
  2. ブログ

    御礼申し上げます晒します。
  3. ブログ

    春というのは、、、
  4. カラーリング

    シルバーラベンダーヘアのプロセスを公開します。
  5. スタイル

    『春のリラックスウェーブ』はいかがですか?という提案
PAGE TOP