ブログ

ハイライトという技術について〈その1〉

 

ん〜。

 

なんか硬い。

タイトル硬い。。

 

ヤキが回ったかな、、

 

ヤスオです。

 

タイトル超絶つまんないですね。コレ。

 

でも、一部の方のために書きます。

ハイライトという技術について。

 

 

流れるような線を描く『ハイライト』という技術。

最近では、当然のようにお客様の口から飛び出すようになりました。
(以前は「メッシュ」という言葉が横行していた)

 

ここで、一旦整理しましょう。

 

 

 

そもそもハイライトってなんなのさ?

はい。基本ね。ここ基本。

ざっと言えば、

“ベースよりも明るい髪の毛を作る事”

でして、

・メッシュも
・インナーカラーも
・バレイヤージュも
・オンブレも
・グラデーションも

平たく言えば、すべてハイライトなんです。

そう。従来の日本的な考え方だとね。

日本人=黒髪(行ってブラウン)

という考え方のもとではすべて、上のデザインはハイライトに括られます。

 

しかし時代は流れる。

ここ近年では、ハイ透明感だとか、グレージュの台頭により、ベースの明度が上がって来た。

そうなってくると、話は別。

 

だって、ベースの色より暗く(濃く)見える色をするデザインもある。

特にインナーカラーとかはね。

 

そうやって、便宜上、わかりやすくする為に、細分化して名前が浸透してきたって事です。

 

だから、上のデザイン、

・メッシュも(細かい筋状)
・インナーカラーも(内側に大胆に)
・バレイヤージュも(大まかな筋状)
・オンブレも(日に焼けたような)
・グラデーションも(毛先に向かって)

みたいな意味合いとして認知されてきました。

かくして、技法が、デザイン名になったり、
またその逆で、デザイン名が技法になったりと進化を遂げたわけです。

 

んでね、、今、現在の
『ハイライト』ってどんなデザインかっていうと、、

 

 

こういったっデザインを指すことが多い。

縦割りのコントラスト

って言えばわかりやすいかな?

 

こういう風に見えるデザイン。

コレがハイライト。

 

もっと細かく筋がぼやけるようなのは、
一部の人は『フロスティング』って言います。

 

何が何だか、、、でしょ?笑

 

いや、だからね、僕が言いたいのは、

『ハイライト入れてください』

ってオーダーだけでは失敗するYO!ってこと。

 

明確に言葉で言うのは本当難しい。

だから、写真を見せるのが一番です。

 

今という時代は便利なもので、美容師さんいろいろなメディアで作品載っけてるし。

それ(目的のデザイン)を探すのは、厄介だけど、楽しいもの。

 

そうね、ウインドウショッピングしてる時みたいな。

 

だから、お客様は、お店で選ぶっていうより、
自分の好きなデザインができる人(美容師)で選んだほうが間違いないよね。

そう思うのです。

もしくは、普段担当してくれてる人を鍛えるか笑笑

 

んでも、そうやって我々美容師は磨かれていくし、価格や価値ってそうやって決まっていくものだと思うのです。

世の常よね。

 

よく聞くし、よく見るけど、

【スタイリストになったら練習しない】

って現象ね。

申し訳ないけど、天才ですか?あなた?って思います。

 

自分を信じてきてくださるお客様のために、日々鍛錬は当たり前です。

 

前回と同じことやって、前回と同じ値段取れると思うな!

って、スタッフにはいつもぼやいてます。

 

 

 

あっ、、

 

蛇足しました。

 

 

 

そうそう。ハイライトね。

 

 

今回は全体をダークグレイ、ハイライトをシルバーで構成。

 

 

 

流れるようなラインが魅力的ですよね。

 

 

ちなみにどう入れたか公開します。

 

 

コレは美容師さんのためにね。公開。

 

今回のデザインに使ったのはスライシング。

んで、設計図はこう。

 

 

青い線が、セクショニング。ヘディングボーンハーフセット。

赤い線がプレイスメント。

この位置に、端が3ミリ、中央が5ミリのスライシングをオン。

もちろんホイルでね。

 

 

そうすると、このような仕上がりになります。

 

 

ウィービング主体だった頃と比べて、今は絶賛スライシング。

 

もう一度、見直してみてはいかがでしょうか。

 

次回は、ぼやき抜きwwにして違ったハイライトのことを書きますね。

 

では、今日も元気にアメージングして来ます。

 

 



ピックアップ記事

  1. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜
  2. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  3. カラー剤って言っても、いろんな種類や特徴があるんです。
  4. 質問が非常に多いので、、、、答えます。
  5. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

  1. インナーカラー

    まだまだあるYO!インナーカラーのバリエーション♡
  2. カラーリング

    ハイライトという技術について〈その2〉
  3. ブログ

    美容師として出張してまいりましたので、ログります。
  4. ブログ

    ブログを書いていて本当良かったという話。
  5. カラーリング

    個性派ショートの女王ユッキンの最新ヘア
PAGE TOP