カラーリング

バレイヤージュって大胆のようで繊細だったりするよね。

こんにちは。

埼玉県熊谷市の美容室
電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

昨日は、久々の電髪倶楽部全店集合しての全体ミーティングでした。

お知らせしたか忘れましたが、我がストリートに新しいスタッフが入社してきてくれたので、全体ミーティングで他店舗のスタッフにお披露目を。

その様子は結構なものだったので、後日シェアしますね。

さて、タイトル回収していきます。

そうなんです。

まんまです。

このブログでも何回も触れている『バレイヤージュ』と言う技術。

一昔前ならば、『バレイヤージュってテキトーでいいんでしょ?』的なノリが横行していたんですけどね。

イメージ的には、ホイルで包み込む『ホイルワーク』ってのが、緻密な作業であるから、そして、カラーリスト(カラーを専門的にする技術者)の方々のする仕事であるから、『ホイルワーク=丁寧・緻密』ってイメージ。

んで、バレイヤージュってのは、比較的スタイリスト(カラー専門じゃない技術者)が好んでやるからってことで、勝手に対極に位置づけられたように思います。

だから、『バレイヤージュ=適当・大胆』みたいなね。

果たしてそうですか?

いやね。僕が思うに『技術』と名の付くものはすべからく『こだわり』や『綿密さ』があるものだと思うんです。

じゃなきゃ、それ、技術じゃなくてただの行為でしょ。

だから、テキトーだめよ。ってことです。バレイヤージュも。

僕が提供するバレイヤージュみてください。

テキトーに見えます?

確かにフリーハンドで塗布していくと言う点では、ホイルワークに比べて自由度があるように思えるかもしれません。

けどね、フリーハンドでまっすぐな線を、そして均一な線を引くことって『技術』じゃないですか?

だから、

NO MORE 適当バレイヤージュ!

って声ちっさめで叫び続けているんですよね。アタシ。

ま、自分の手の届く範囲ですけど。

とあるメーカーさんにも秘密裏にレクチャーしているので、いずれ広まってくれたら嬉しいなと思っている次第でごわす。

ディテールに神が宿るそうですよ。

そんな仕事ができるように、僕もまだまだ磨きをかけていきます。

埼玉の奥地で絶賛修行中です。

いつか、『ホンモノ』と評価される日を夢見て。

同志よ。ともに頑張ろう。

あ、

いよいよ明日、11月9日。僕の主宰するハイトーン技術特化型オンラインサロン『ACWSM』が再募集スタートします。

今回も定員ありますが、20:00にオープンしますので、ご興味のある方、是非一緒にお勉強しましょう!

たくさんのご応募お待ちしております。

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。

ピックアップ記事

  1. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  2. 『南国の鳥にしてくれ。』と言う注文入りました。(最後に重大発表)
  3. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜
  4. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜
  5. 業界大注目!!3エフのル・ポリサージュの色落ち経過レポ

関連記事

  1. インナーカラー

    インスタでいつも以上に反応が良かったインナーカラーのお話

    おはようございます。昨日の記事をいいねシェ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。
  1. スタイル

    自然店レポートpart2『時空を超えたバッサリさん』
  2. どーでもいいコト

    異次元美容師が、異次元なモノを食べてみた
  3. ホントにどーでもいいこと

    ヤスオの奇妙な冒険 七部
  4. カラーリング

    北海の使者現る。
  5. ブログ

    髪とは全く関係ないのですが、、。高橋誠太郎について書きます。
PAGE TOP