カラーリング

バレイヤージュって大胆のようで繊細だったりするよね。

 

こんにちは。

埼玉県熊谷市の美容室
電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

 

昨日は、久々の電髪倶楽部全店集合しての全体ミーティングでした。

お知らせしたか忘れましたが、我がストリートに新しいスタッフが入社してきてくれたので、全体ミーティングで他店舗のスタッフにお披露目を。

その様子は結構なものだったので、後日シェアしますね。

 

さて、タイトル回収していきます。

 

 

 

そうなんです。

まんまです。

このブログでも何回も触れている『バレイヤージュ』と言う技術。

 

一昔前ならば、『バレイヤージュってテキトーでいいんでしょ?』的なノリが横行していたんですけどね。

 

イメージ的には、ホイルで包み込む『ホイルワーク』ってのが、緻密な作業であるから、そして、カラーリスト(カラーを専門的にする技術者)の方々のする仕事であるから、『ホイルワーク=丁寧・緻密』ってイメージ。

んで、バレイヤージュってのは、比較的スタイリスト(カラー専門じゃない技術者)が好んでやるからってことで、勝手に対極に位置づけられたように思います。

だから、『バレイヤージュ=適当・大胆』みたいなね。

 

果たしてそうですか?

いやね。僕が思うに『技術』と名の付くものはすべからく『こだわり』や『綿密さ』があるものだと思うんです。

じゃなきゃ、それ、技術じゃなくてただの行為でしょ。

 

だから、テキトーだめよ。ってことです。バレイヤージュも。

 

僕が提供するバレイヤージュみてください。

 

 

テキトーに見えます?

 

 

 

確かにフリーハンドで塗布していくと言う点では、ホイルワークに比べて自由度があるように思えるかもしれません。

 

けどね、フリーハンドでまっすぐな線を、そして均一な線を引くことって『技術』じゃないですか?

 

だから、

NO MORE 適当バレイヤージュ!

って声ちっさめで叫び続けているんですよね。アタシ。

 

ま、自分の手の届く範囲ですけど。

 

とあるメーカーさんにも秘密裏にレクチャーしているので、いずれ広まってくれたら嬉しいなと思っている次第でごわす。

 

 

 

 

ディテールに神が宿るそうですよ。

 

そんな仕事ができるように、僕もまだまだ磨きをかけていきます。

 

 

埼玉の奥地で絶賛修行中です。

 

いつか、『ホンモノ』と評価される日を夢見て。

 

同志よ。ともに頑張ろう。

 

 

 

あ、

 

 

 

 

いよいよ明日、11月9日。僕の主宰するハイトーン技術特化型オンラインサロン『ACWSM』が再募集スタートします。

今回も定員ありますが、20:00にオープンしますので、ご興味のある方、是非一緒にお勉強しましょう!

たくさんのご応募お待ちしております。

 

 

 



ピックアップ記事

  1. 『南国の鳥にしてくれ。』と言う注文入りました。(最後に重大発表)
  2. 質問が非常に多いので、、、、答えます。
  3. カラー剤って言っても、いろんな種類や特徴があるんです。
  4. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  5. 重要お知らせNo.3〜4月1日より僕のカラー料金が変ります〜

関連記事

  1. ブログ

    グラデーションカラーマスター講習を終えて。

    行って参りました。栃木県佐野市。そう。本日は、23店舗展開(確か、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ブログ

    あるイベントの後日記録ー前編ー
  2. デザインチャレンジ

    デザインチャレンジ〜銀河を表現する〜
  3. カラーリング

    ナナ様を大胆にイメージチェンジしたら大変なことになったって話
  4. 個性派ヘア

    『熊谷で超有名なあの人がポンパドールに!!』というお話
  5. おんがく

    これだけは聞いとけ!良センスのオールディーズ7選!
PAGE TOP