カラーリング

全体ブリーチ毛からの脱却

 

こんにちは。

なんとか今日もブログ更新できてよかった。

 

昨日のブログでもお知らせした、

ブリーチオンカラーライブセミナー大阪、略して、

BOC大阪

の1週間動画配信の駆け込み購入された方がたくさん。

今や、無視できないほどブリーチオンカラーのオーダーが増えていますものね。

実際、メーカー主催のセミナーや、本などでは得られない情報が5時間に、、、

ギュッ

っと詰まりまくってます。そして、僕のトラブルもw。

 

再三お知らせしていますが、DVDなどではなく無形なので、配信が終わってしまうと、もう2度と見れません😢

しかも、申し込んでから、振込用紙が届くまで、1週間ほど時間がかかるため、、今がデッドラインかも。

そこんとこよろしくです!

 

 

さて、本日のお話は、、、

 

ブリーチの話してんのに、ブリーチから脱却って、、

と、お思いの方。すごく必要な話です。その先の進路を示すのもまた、アメージング職人の仕事ですゆえ。

 

アメージングとまではいかなくとも、『ハイ透明感』とか言うヘアカラーをする際、

少なくとも、色が落ちてくると俗に言う『金髪』状態になることがままあります。

 

そんな時、『もう少し落ち着かせたいな』と言うご要望をよく耳にします。

すると、大体の流れは、全体的に落ち着かせよう!と言うのが関の山です。
(美容師の提案がないとこうなるよね😂)

 

それも良いとは思います。

 

だけど、その『もう少し』と言うニュアンスには違う意味、と言うか方法もあるんじゃないかと思うんです。

 

違う方法とは?

 

そう、簡単単純当たり前かもしれませんが、

『筋状にする』

ちゅーことです。

 

わかりやすく言えば、暗いベースに明るい筋が入っているような、、

そう!まるで『ハイライト』をしたかのような仕上がりにするってこと。

 

全体が、金髪なのに?

暗い線を入れるんじゃなくて?

そんなことできるの?

 

ー できるんです!

 

ちょうどそのようなオーダーがありましたので、シェアしますね。

 

全体ブリーチ毛からのリカバー仕上げがこちら

 

 

 

ね?

 

 

ね!

ちゃんと、『暗い線』じゃなくて、暗いベースに明るい線が入っているように見えるでしょ??

一応、バレイヤージュ様相で、毛先に向かって明るさがたまるように設計。

 

 

基礎がわかっていれば、別に単純な仕事です。

 

ちなみに、ビフォアを撮り忘れたと言う痛恨のミスでして、ビフォア写真がないのですが、、

だいたい、15レベルくらいの状態でした。

なので、毛先や、明るいラインのところはさらに抜いています。

 

もちろん、ベースが明るかった分、ただの暗髪じゃなくて、ダークグレイッシュに染めています。

ゆえに光に当たると、黒髪よりも柔らかな印象が与えられます。

 

いかがでしょうか?

 

このような脱却の仕方もあるのです。

 

もちろん、このような仕事ができない美容師さんもおられると思うので、その辺は担当美容師さんと要相談です。

 

どうか素敵なヘアカラーが日本にもっと増えますように。

 

今日はこの辺で、仕舞いにします。

では。

 

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜
  2. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  3. 日本屈指のコンテスト 『トレンドビジョン アワード2019』 ジャパンファイナル…
  4. 重要なお知らせ〜その2〜って話!
  5. カラー剤って言っても、いろんな種類や特徴があるんです。

関連記事

  1. インナーカラー

    金糸雀のインナーカラー

    こんにちは。埼玉県熊谷市の美容室電髪倶…

  2. カラーリング

    【PRIZMATIC LIGHTS】って名付けました。

    おはようございます。いや、こんにちはか。…

  3. スタイル

    広がりやすい髪質でもできるおしゃれショート

    おはよございます。ここ数日、非常に天気も良…

  4. カラーリング

    美しいカラーグラデーションを作るコツ

    おはようございます。プチョヘンザ。本日は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. プライベート

    休日の僕。
  2. インナーカラー

    『珍客来店!スゥパーローングにアメージングなカラーを』というお話
  3. デザインチャレンジ

    デザインチャレンジ!〜『朝焼け』を表現する〜その1
  4. おしらせ

    大好評につき、やります。今年最後のアレを。
  5. ブログ

    ブログを書いていて本当良かったという話。
PAGE TOP