カラーリング

トラブルシューターヤスオ かなりムラのあるバレイヤージュ?の巻

土曜の昼にこんにちは。

埼玉県熊谷市の美容室
電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

昨今、、、

『バレイヤージュ』

という技術がフューチャーされていますが、ご存知ですか?

僕も何回か記事書きましたが、大変人気沸騰中のようです。

(もう次のフェーズに写っていますが、、)

外国人風カラーが台頭し、様々な方法でそれに近づけようという中で起こっているムーブメントの一つなのですが、、、、

この『バレイヤージュ』という技術。

結構、怖い。

って言うお話をしますね。

はい!久しぶりの登場です。トラシューヤスオ。

(覚えていらっしゃいますか?)

わからない方は、『トラブルシューターヤスオ』で検索してみてください。

んで、今回のトラブルは、、、こちら。

お分かりになりますか?このムラ感。

美容師さんなら、ビシバシ伝わってくると思います。

ちなみに、こちらの女の子。

黒染めしていた髪を『グレージュにしてください』とオーダーしたそうです。

・・・?

なぜ、バレイヤージュをされたのかは謎だそうです。

ま、それは置いといて、ムラの話ね。

解説します。

例えば、ここ。

ちょっと美容師以外の方にもわかるようにマーキングします。

マーカーの色のまんまです。それぞれの色で囲われた部分がそのような色になっています。

他の部分。

これは先ほどよりはわかりやすいかも。

こちらもマーカーで囲ってみます。

こんな感じ。

ね。

話を整理しましょう。

黒染めの髪を『グレージュにしてください』とオーダー。

美容師さん『黒染めかぁ。キツイな』『全体にブリーチしちゃうとムラ出そうだなぁ』

『線を入れて黒染めムラをぼかさなきゃ』『でもオーダーはグレージュだから毛先に向かってグラデーションで明るくしなきゃ』

💡『そうだ!バレイヤージュやってみよう!』

。。。そんな流れだったのではないでしょうか。(あくまで予測です)

結果。

本人の仕上がりイメージとは大きくかけ離れた、グレージュっぽいのが一部の毛先のみにあるムラムラなブラウンヘアが仕上がって来ました。

ちなみに僕のところに来てくれたのは、その美容院にいった2日後です。

んー。なんだろう。

まさに事故。

だって、オーダーに近いならまだしも、全然意図していない仕上がりになってその上、ムラムラだもん。

んで、何が一番の事故加減かって言うと、美容師さん側も良かれと思って、デザインチェンジした事が伝わってないって点ね。

まぁ、正直仕上がりが良ければ、そこまでの問題にはならなかったと思うけど、、。

たまたま、その『良かれ』行動が、

『悪手中の悪手』

だったと言う悲劇。

単純にいえば、セルフ黒染め入っている場合、普通のカラーで明るくすることは無理。

けどブリーチすると、ムラが出てくる。だから、全部明るくはしないで(黒い部分を残しておけば、ムラが緩和される)アタックしたい。

ここまではわかる。うん。

でも、ここで問題になるのが、その明るくする部分をまさかのバレイヤージュを選択してしまった事!

大事なこと言います。

通常のベーシックなバレイヤージュと言う技術は、入り口と出口で塗布量の差が生じるので、明度のムラが出やすい!っちゅうことです。

しかも、それなりに経験積んでないと、入り口と出口の差以外のところにも塗布量の差が生じてしまい、穴が空いたように明るい部分ができてしまったり、逆に明るくならずに暗く残ってしまう部分を生み出しかねない。

ちょっとややこしいですが、ムラ修正には絶対向かない!んです。

(あ、テクニック神クラスになると平然とやってのける方もいます)

だから、バレイヤージュって怖いんすよ。本当は。

付け焼き刃でちょこっとやってみたレベルでは、なおのこと。

でも、お客様、そんなことわかんないもんね。

なので、やっぱり美容室選ぶときは、(っていうより美容師さんを選ぶときは)その人のインスタとかチェックして、自分の好みのスタイルや、カラーをアップしている人のところに行った方が無難だと思います。

安さでチョイスするもんじゃない。特に好みのデザインがある場合は。

もちろん、安くても上手い人ゴロゴロいますけど。回転効率とか考えて、オペレーションもしっかりしていないとちょい厳しい気がしますが。

ま、今回の件に関しては。って話です。

んで、僕はこの状態から本人の当初の希望にあったグレージュを目指したわけですけども、、

余計なムラを作ってくれたおかげ様で汗だくになってTシャツ3枚くらい着替えながら施術しました嘘です。

んで、仕上がりがこちら。

長い格闘でした。

ご本人にっ確認したところ、グラデーションっぽくなっていて良いとのことでしたので、このような仕上がりに着地させました。

『グレージュ』になったと思います。

いやぁ正直、グレーならまだしも、グレージュっていうのがね(^_^;)

程よい黄色味残さないといけないから、色味で押しつぶすわけにはいかんですから。

役目は果たせたと思います。

バレイヤージュと言う鬼門。

やるなら慎重に。

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. 日本屈指のコンテスト 『トレンドビジョン アワード2019』 ジャパンファイナル…
  2. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  3. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜
  4. カラー剤って言っても、いろんな種類や特徴があるんです。
  5. 重要お知らせNo.3〜4月1日より僕のカラー料金が変ります〜

関連記事

  1. カラーリング

    情報解禁!ミルボン新カラー剤アディクシーをアメージング職人が使ってみたYO!

    おはようございます。アメージング職人のヤスオです。初めてご覧に…

  2. インナーカラー

    『インナーカラー』×『ヘムカラー』

    おはようございます。今日も元気に太っていま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Ownd

    今月のヒトvol.1
  2. ブログ

    破壊力バツグンだったというお話
  3. スタイル

    空気感を身にまとう。
  4. レクチャー

    みなさまお待たせいたしました!!あの!動画の!公開です!!
  5. インナーカラー

    インナーカラーが伸びてきたら、次はどんなデザインにしましょうか。
PAGE TOP