カラーリング

バレイヤージュについて『ナチュラルとハイコントラスト』

 

3連休の最終日の昼下がり。

マニックにこんにちは。

 

埼玉県熊谷市の美容室
電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

 

世間様は、3連休最終日も半分を過ぎた頃ですから、ちょっと憂うつにもなりますよね。

でもね!夜はこれから!夏はこれから!

元気出していきましょう!

特に熊谷市は、これから来客数70万人以上の『うちわ祭り』、『花火大会』、『ラグビーW杯』が控えています。

今年の夏は長いぜ!

 

と言う暑苦しいご挨拶で始まりました。ちなみに僕は夏が嫌いです。

 

さて、本題。

このブログの数少ない熱い読者様のご要望にお応えして、書きます。

 

 

前回のブログの続き?のようなものですが、今回の内容は、

バレイヤージュのデザインについて、ざっくりと、非常にザックリとまとめたものとなっております。

おディスりしたい方は、ここでドロップアウトしてくださいませ。何卒。

 

まずは、『ナチュラル』から

ザックリなので、2種類に分けていますが、誰でもチャレンジしやすい、ナチュラルなバレイヤージュとはどんなものなのか説明いたします。

ちょっと簡単な図を作りました。

また、『ハイライト』と言う用語が出てきて、ごっちゃになりそうですが、要は、バレイヤージュの明るいところを指しています。

上の図のように、ベースカラーが、暗髪〜ダークブラウン領域であって、ハイライト部分が金まで行かないライトブラウンとか、クリアブラウン(金髪手前)くらいのデザインのことを指します。

 

例をあげます。

 

例えば、こんな感じ。

ナチュラルに明るい部分が見えますね。

 

こちらも、どナチュラル。

もちろん、アッシュベースのカラーが入っているので、色が落ちてくると、それなりに明るく見えます。

 

も一つ。

こちらは、オレンジブラウンベースのナチュラルバレイヤージュ。

と、こんな感じで、『オンブレヘア』と言われる、まさに太陽で日焼けした髪のような仕上がりになります。

 

ちなみに、ナチュラルと言えども、明るいものもあります。

先ほどの図解を用いると、

このように、ベースも明るく、ハイライトもベースよりも4レベル程度明るい範囲内ならば、それはナチュラルと言ってよいでしょう。

 

下の図のように、その範囲を出ると『コントラストがついている』と認識されると思います。

実際のコントラストバレイヤージュがこちら↓

ナチュラルバレイヤージュは基本的にペインティングによる施術が主となるので、従来のバレイヤージュ技法で対応可能であると言えます。

非常に自由度が高く、その分、リタッチなどには、注意が必要かもしれません。

(設計図なしで施術した場合、同じ箇所をつなげて明るくしづらかったりなんだり)

 

 

さて、ここまでは、ナチュラルバレイ〜コントラストバレイのお話。

 

ここからは、技術的にちょっと難しい、、、

『ハイコントラスト』バレイヤージュです。

コントラストよりもさらにコントラストの効いた、バレイヤージュ。

 

先ほどの図解を用いて説明すると、、

 

このようになります。

すごく乱暴に言うと、ベースカラーよりも9〜10レベルくらい明るくする必要があると言うことです。

 

何点か例として、、

 

インスタにも書きましたが、ハイライトの位置を少し下側中心にすると、ハイコントラストでも大人っぽいムードが出せます。

 

これぞど真ん中!って感じのハイコントラストバレイヤージュですね。

 

こちらは、暖色ベースのバレイヤージュ。柔らかな雰囲気が素敵だと思います。

 

そんで、作り方にもよりますが、、

一度綺麗にベースを作っておけば、こんなデザインも可能になります。

美容界のマイルド王子こと、ケースケさんにも褒められたデザインです。喜び。

 

 

と言う風に、バレイヤージュと言えども、様々なデザインが広がっていると言うこと。

今回例にしたのは、すべて僕が作った一例に過ぎないので、世の中にはもっともっとたくさんのデザインが存在しています。

まっこと楽しいですよね。

 

一度大阪で、一緒にセミナーやったエリちゃんのバレイヤージュなんて、すごく繊細だし、

しんびようで一緒に掲載された、先生方のデザインも独特で、美しい。

 

ただ一つ、共通して言えるのが、『日本人の髪質に合わせて考案したやり方である』と言うこと。

言い換えれば、たくさんの失敗を経てそこに辿り着いた技術というわけです。

少なくとも、僕はそう。

その時は、『これが最高!』と思っても、写真に残して、冷静に鑑みる。

『この仕上がりならば、もっと早くできないのか?』

『もっとダメージレスにはできないか?』

『色の移り変わりをもっと滑らかに!』

とか、、。

今日の成功を成功とせず、『失敗』と置き換え、『もっともっと』と磨いていく。

 

そう言った研鑽した技術が、いつの日か認められるようになるって言うことです。

僕もまだまだ、磨いていきます。

 

あー技術って、奥が深い。

と言うわけで、2回にわたるバレイヤージュ特集を終わりにしたいと思います。

 

また何か、要望があれば、ブログに書きますね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. 業界大注目!!3エフのル・ポリサージュの色落ち経過レポ
  2. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  3. 質問が非常に多いので、、、、答えます。
  4. お待たせしました。日本初!技術特化型オンラインサロンオープンのお知らせ。
  5. 重要お知らせNo.3〜4月1日より僕のカラー料金が変ります〜

関連記事

  1. カラーリング

    よくあるカラーの難問をクリアしたって話

    コンニチハ。埼玉県熊谷市の美容院電髪倶楽部ストリートのヤス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 個性派ヘア

    チラリと見える!インパクト大なカラーデザインの巻
  2. ブログ

    『続々と』というお話
  3. バッサリさん

    『今一度見直したいカラー&ばっさりさん』というお話
  4. インナーカラー

    グラデーションのインナーカラーって可愛いですよね。
  5. カラーリング

    アメージングを求めてご新規様がいらっしゃいました。
PAGE TOP