カラーリング

繰り返された塩基性カラーとカラーシャンプーの濁りからの生還オーダー入りました。

最近さ。

 

 

タイトル長いよね。

 

誰が見んねんこんな長いタイトル。ってね。

 

 

そうそう。昔、僕が中学生だった時。

校長先生にこうやって言われたよ。

 

 

『頭が良い人は、話が短い。
的確な言葉を選ぶからだ!』

ってね。

 

そのあと校長先生は、40分しゃべり倒しました。

 

 

 

 

さて、ほんで今日の長いタイトルは、こちら。

 

 

さあ!帰ってきたよ。トラブルシューターヤスオが。

あ、、、誰も待ってなかったなんて、、言わないで思わないで😂

 

早速行きます。

 

今回のトラブルはこちら

 

お分かりになりますでしょうか。。。

美容師さんならば、頭の中でいろいろな情報が錯綜していることでしょう。

 

一応、オーダーとしましては、、

 

 

『根元をリタッチしてホワイトシルバーになりたい』

 

 

とのことでした。

 

えー、、っと、、。

 

まずは、ご来店時の状態をしっかりと見てみましょう。

 

 

トップ切れちゃってるけど、リタッチ幅って言える範囲を大きく上回っているよね。(16センチ以上でした)

 

 

 

 

 

んで、何よりもダメージ度合いですが、、、

 

 

察して。

結構お疲れなご様子。っていうレベルもゆうに上回ってますよね。

 

 

特に毛先の部分は、濡らすとテロル。

まさにテロル。

 

 

っと、こんな感じで初めましてこんにちは。です。

 

震えた。

いや、そりゃ震えるでしょ。

 

 

武者震いだがな!

 

 

さ、ブリーチします。

 

 

トラブルシューターって言ってるくらいだからね。

どうにかしなきゃいかんですもんね。

 

して、リタッチと言われたのですが、よくよくヒアリングしてみると、根元は4センチほど空けてほしいそうで☺️

 

レベルが上がった。より辛くなった。今度は本当の震えがきたよ。

 

ただ空けりゃいいってもんじゃなくてさ、こう、いい具合に空けなきゃいけないわけでさ、、。

ビターっとラインとか出ないようにさ。しかも、頭は丸いからさ。均等に空けて、尚且つスーパーハイトーンのロングリタッチってさ。ほら。アレじゃん。

 

 

 

激ムズ。

 

なんですよ😹

しかも、ただでさえ、毛先の沈み込みが激しく、薬剤、タイム共に少しでも間違うと、即!断毛!切れちゃうんです。

 

えーっと、ビフォア写真でここまで引っ張った理由?

 

褒めてほしいからに決まっている。

 

 

ということで、アレやって、これやって、、、、

 

 

染め上がりドライ後です。

 

 

こうなりました。

 

本来は、ホワイトシルバーなので、さらに明るくする必要があります。

 

ですが、最初のカウンセリングの段階で、

『僕に半年預けてください!お願いします!』

と、勇気を出して初めての告白をしてあります。

 

毛先の沈み込みの部分に高刺激な薬剤を使いたくなかったのと、塩基性カラー(カラーシャンプーも)の沈みであれば、アルカリカラー後の自然褪色の力を利用したかったからです。

 

 

 

見る人が見れば、繋がり目の部分に若干の色相差が出ていますが、これも、無理をしない程度に。

 

 

 

という形に着地させました。

 

はぁ、、、汗かいた😹

 

ということで、いかがでしたか?

今回のトラブルシューティングヤスオは。

 

ちなみに、もうすでに2回目ご来店していただいてるんですが、

 

こうなっています(現段階)。

 

 

育んでゆきます。

 

 

 

 

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. カラー剤って言っても、いろんな種類や特徴があるんです。
  2. 重要なお知らせ〜その2〜って話!
  3. 業界大注目!!3エフのル・ポリサージュの色落ち経過レポ
  4. お待たせしました。日本初!技術特化型オンラインサロンオープンのお知らせ。
  5. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2

関連記事

  1. カラーリング

    個性派さんにオススメします。アメージングカラー

    こんにちは。熊谷のアメージング職人のヤスオ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インナーカラー

    外ハネボブにインナーカラーを。
  2. インナーカラー

    アメージング職人のお仕事です。
  3. デザインチャレンジ

    デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜
  4. ブログ

    おはよう日本。
  5. スタイル

PAGE TOP