カラーリング

踊る色

イロとイロのかさなり。
{AF8D261B-46D0-4C3A-B558-1AC1C5F2EAAF:01}
突然ですが、
色って面白いですよね。
最近話題になっていた、
あの
『青と黒のドレス問題』
人によっても見え方が違う。
光によっても見え方が違う。
もっと言うと心理によっても、、。
誠に面白い。
当然、僕たち美容師は
『ヘアカラー』という分野に於いて
それ相応の勉強をしています。
・日本人の色素とは
・黒髮にも種類がある
・パーソナルカラーとは
・各メーカーの発色特徴
・ダメージとケミカルの関係
etc
まだまだありますが
これくらいにしておきましょう。
これらの事をすべて活かして
日々のデザインに勤しんでいるわけです。
で、
先日、それらをフルに活かさなければ
完成する事が出来ないケースが。
冒頭に書いた
『イロとイロのかさなり』
{89F3D036-3A3F-4B68-B520-51AC189D7D54:01}
オーダーは
3層のカラーデザインで。
表面はダークブルーグレーで。
すべて色調はダルで。
というもの。
こちらのお客様、
デザイン関係のお仕事されていて、
今までも様々なカラーデザインされてました。
ですので、僕のイメージソースは、、
『パレット』
{60AD1BDF-F267-416D-B10A-67215EF77D01:01}
学生時代、先生に
「パレットは洗わずに色をたしてくんだよ」
「そうすると深くて面白い色が出るんだ」
と言われたのを覚えています。
それが今回のソースです。
ですから、櫛でとかすと
{F91BA11A-1BB4-411D-971A-657D1D9E7FDC:01}

違う色が見えてくる。

ねじってみるとこんな感じ。
{52D5F7E5-AD75-47D9-AE96-CABF83E0D896:01}
楽しいですね。
一つひとつをみると
まったく違う色。
ですが、
色調(トーン)
を合わせることで調和がとれる。
ちょっと毒を入れてますが、、(^_^)a
本当に色って面白いですね。
ドキドキするようなカラーをするなら
ぜひお任せください。
Denpatsu street YSO
 

電髪倶楽部ストリート
048-527-1080
埼玉県熊谷市筑波1-171 1F
熊谷駅北口より徒歩2分
受付時間
平日10:01~18:31
土日祝日9:31~18:31
定休日
毎週月曜日、第二第三火曜日

image

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。

ピックアップ記事

  1. 重要なお知らせ〜その2〜って話!
  2. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2
  3. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜
  4. 日本屈指のコンテスト 『トレンドビジョン アワード2019』 ジャパンファイナル…
  5. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。

関連記事

  1. カラーリング

    ロングヘアのグレイッシュカラーここに極めり!

    おはようございます。     vote!vote!…

  2. カラーリング

    ホワイティなカラーに差し色を入れたら、、

     こんにちは。埼玉県熊谷市の美容院 電髪倶楽部ストリートのヤス…

  3. カラーリング

    ハイライトという技術について〈その2〉

    おはようございます。埼玉県熊谷市の者です。…

  4. カラーリング

    『暗髪からの大変身!憧れのあの色へ』〜美容師の思考〜

    こんにちは。 最近、フェイスブックで徐々にお友達が増えてきた 埼玉県熊…

  5. カラーリング

    ブロックハイライトというデザイン。

    こんにちは。埼玉の人です。ざっくり…

コメント

    • 宮本
    • 2015年 4月 06日

    SECRET: 0
    PASS:
    このカラー素敵です!!
    クシでとかすと違う色が見えてくるってすごいですね!

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >宮本さん わかってくれますかっ!T^T
    うれしいす!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。
  1. どーでもいいコト

    無声映画ならぬ無文字ブログ。
  2. バッサリさん

    『A・W・ばっさりさん』というお話
  3. デザインチャレンジ

    デザインチャレンジ〜銀河を表現する〜
  4. デザインチャレンジ

    デザインチャレンジ!〜『朝焼け』を表現する〜その1
  5. カラーリング

    ハイライトの威力
PAGE TOP