ブログ

『今年ラストの襲来!ヤツがきました、、、』

おはようございます。

埼玉県熊谷市の美容室
電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

皆様は仕事を納めたでしょうか。

今年一年お疲れ様でした。

まだまだ仕事だぜっ!
という方。

共に頑張りましょう。

我々もまだまだ!
自分自身と戦います。

さて、
今回のお話は、、

『今年ラストの襲来!ヤツがきました、、』

というお話。

後ろ姿から放たれるオーラ。

ここで誰だかわかってしまったあなた。

相当のヤスオフリークです。

あとで飴あげます。

襲来。

この言葉を使うのは限られたケース。

ええ。

ヤツですよ。

一部のブログ読者さんの中には
『ファン』すらいるという、、、

そうです。

『黙っていればかわいい子』

通称
『黙子』
です。はい。

来やがりました。

このロングヘアを、、、

ちょいとばっさりするそうで、、。

一応、オーダーは、
『カツくんにカラーやってもらう!』

ということだけ。

まぁ、最後ですからね。

まるで、兄と妹のような二人。

思う存分やっていただきなさい。

という事で、

カツくんとのコラボ。

昔はよくやったものです。
今となっては遠い昔のような、、

彼、売れっ子ですからね。
なかなか、できなくなってしまいました。

奇跡的にタイミングも合い、
実現いたしました。

そして、
仕上がりです。

全体はダークトーンでまとめ、
インナーカラーはカツくんお得意のセクションで。

さすがの安定感です。

カットラインはスクエアを意識した、
角のあるグラデーションロブ。

もったりとした感じが
アンニュイに魅せます。

セミウェットな仕上がりにすることで、
一気にオシャレ度にブースターがかかります。

(やはり来季は無視できないな、、)

前髪さんもカールしてリップラインに。

ここは黙子とも意見完全一致。

やはりこいつ出来る、、。

んで、正面を、、、

ん?馬鹿かな?

やり直しです。





あきらめます。

一応、記念の3ショットを。

安定のカツくんのお腹をお触り。

彼女とカツくんは

昔から会話中、、、
彼女は彼のお腹を触り、
彼は彼女のアゴをポンポンする
という意味のわからない
コミュニケーションをはかっています。

謎です。

記念撮影も終えたので、上着を渡し、
おかえりの準備を整えたと思ったら、、、

嫌な予感、、、。

動き出したよ、おい、、

カメラが追いつかん、、、。

どこへ行くんだよ、、、

と、発見。

ああ、、

名残惜しいのね。

ホント、兄妹のようだったもんな。

ウチのリーダー。

ホントにたくさんの人に愛されてるなと。

昨日も一昨日も、
彼にお別れの挨拶を言いに来てくれる人で、
文字通り、溢れかえって。

彼がこの11年間でやってきたことの
『表れ』であると。

美容師として以前に、
人として、
積み上げてきたキャリア。

到底真似できるもんではありません。

彼の集大成ものこりあと3日。

なかなか混雑で、
ご迷惑おかけしちゃうかもしれませんが、
この3日間は、お許しください。

彼の門出。

盛大に祝ってやりたい親心です。

ぜひ皆様、ご協力くださいませ!

お待ちしています!!

denpatsu street YSO 

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  2. 日本屈指のコンテスト 『トレンドビジョン アワード2019』 ジャパンファイナル…
  3. 重要なお知らせ〜その2〜って話!
  4. 質問が非常に多いので、、、、答えます。
  5. 重要お知らせNo.3〜4月1日より僕のカラー料金が変ります〜

関連記事

  1. ブログ

    誠にありがたいし、勉強になった。というお話

    さて、埼玉県熊谷市のゆるキャラヤスオです。…

  2. ブログ

    グラデーションカラーマスター講習を終えて。

    行って参りました。栃木県佐野市。そう。本日は、23店舗展開(確か、…

  3. カラーリング

    今日は熊谷市の成人式です。

    おめでとう。めでたい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. デザインチャレンジ

    マレーシアからの来訪!某企業社員を宝石みたいなカラーにしたって話。
  2. ブログ

    そういえば、京都に行ってきた話してなかった。
  3. ブログ

    誠にありがたいし、勉強になった。というお話
  4. ブログ

    シークレットな講習会〜スーパーハイトーン〜
  5. カラーリング

    『おかわりカラーリング』という発想について
PAGE TOP