カラーリング

誰でもできるグレイッシュなヘアカラーの秘密

おはようございます。

埼玉県熊谷市の美容院
電髪倶楽部ストリートのヤスオです。

厳しい寒さもいったん落ち着いて、

しばらくあったかくなるようですね。

ありがたい。

さてさて、今日は端的に。

上のようなカラーにする場合、

一体どれくらいの明るさにベースを

しておけばよいでしょうか?

言い遅れましたが、
美容師さんにクイズです。これ。

 別角度で見ると、、、

このような感じ。

うーん。

毛先の方は、

綺麗なグレー感が出ているなぁ、、

若干赤みを感じるような気もするし、、

アッシュブラウンとは、言い切れないほど、
ブラウン感じないし、、、

ちなみに、こちらのモデルさん、

いつも登場してくれるおしゃれママの

弥生ちゃんなんですけど、

彼女の元々の髪質は、ざっというと

『標準毛で、若干イエローベース』

なんですね。

さあ、一体、アンダートーンはいかほどか。

想像つきました?

答え合わせしましょうか。

正解は、、、

こちらでした。

はい。ノンブリーチ。

毛先の方が、褪色していて、

13レベル。

 中間部分は、9レベル。

というのが正解です。

え?ウソ!?

中間の赤みもそのままで

さっきみたいな

こんな色になるの?

って、声が聞こえてきそうですが、

なるんです。

あれなら。

ほら、あれです。

(ご察しの通りいきます)

そう、これ使えば。

実際に使用した薬剤が、

サファイアを中心として構成された

ミックスで。

ちなみに毛先は3%。

それ以外は4.5%で対応しました。

こうやって、

元々のレベル(明るさ)を言い当てる

レッスンを当店ではよーくやっています。

それはなぜかと言いますと、

当社のポリシーに

  

とあるからです。

必要以上にダメージさせない。

そのためには、

最新の薬剤を常に更新し、

最小限で最大限となるような施術を

心がけています。

正直、カラーをすれば、

大概傷みます。

でも、その避けられないダメージを
最小限に食い止めることで、

次回、次次回と、

継続しておしゃれが楽しめるように
なるのです。

昨日のエントリーでも書きましたが、
たった一回の施術で、最高のものを
提供できたら、それがベストでしょうが、

やはり、何回かのセッションを経てこそ、

本当に美しく、

そしてある意味『肩の力が抜けた』

その方の生活にフィットした

そんなデザインが生まれるものかと思います。

ということで、

次回予告です。

このカラーは一体
何レベルのベースでしょうか?

明日答え合わせしましょう。

それでは皆々様!

今日も1日頑張っていきましょう!

YSO

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部


このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。

ピックアップ記事

  1. デザインチャレンジ〜夜明け前を表現する〜
  2. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜
  3. まるでホログラム!アメージング職人の新作ですます。
  4. 重要なお知らせ〜その2〜って話!
  5. カラー剤って言っても、いろんな種類や特徴があるんです。

関連記事

  1. インナーカラー

    インスタでいつも以上に反応が良かったインナーカラーのお話

    おはようございます。昨日の記事をいいねシェ…

  2. カラーリング

    今期の暗髪ショートヘアにオススメのカラー

    おはようございます。絶賛リバウンド中のヤス…

  3. カラーリング

    オトナ女子向け!センス光るブラウンヘア

    こんにちは。埼玉県熊谷市の美容室電髪倶…

  4. カラーリング

    今年沸騰中の話題のカラー剤『アディクシー』のまとめ

    いやね、ほら。僕、去年あたりからずっと書き続けてきた例のカラー…

  5. カラーリング

    トラブルシューターヤスオ2 〜最強の刺客現るッ!〜

    こんにちは。埼玉県熊谷市の美容室電髪倶…

  6. カラーリング

    お待たせしました。最新技術の発表します。

      こんにちは。   埼玉県熊谷市の美容院 電髪倶…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。
  1. ブログ

    ほ、、北海道からの、、、ご来店、、驚!
  2. どーでもいいコト

    なんでもない日の放課後。
  3. ブログ

    みんなで勉強する大切さ。
  4. ブログ

    エールを贈ります。
  5. バッサリさん

    20センチのバッサリさんをくせを活かした『フレンチボブ』にというお話
PAGE TOP