スタイル

広がりやすい髪質でもできるおしゃれショート

 

おはよございます。

ここ数日、非常に天気も良く心地いいGWでしたね。

楽しそうでしたね。

 

みなさんのSNS見るのが楽しみだったというね、、。

まるで、神のような目線でね、、。

自分がその場に行った気になったりしてね、、。

 

そのようなバーチャルトリップを楽しんでましたね。僕は。

 

残り2日。みなさんくれぐれも事故になど会わぬよう、お気をつけて楽しんでくださいね。

 

さて、本題。
今日は、ライトに。

 

ショートにしたいけど、、髪が広がるしな、、泣

 

って、お悩みを抱えてる方、結構多いのではないでしょうか。

癖があったり、、、

そもそも量が多かったり、、

 

そんな方にオススメする、ショートヘアを作ったので、シェアします。

 

まずはバックビューから

 

 

こちらのモデルちゃん。もうすで何回か登場してくれているみきちゃん。

もともと、癖があり、広がりやすい髪質。

でも、きちんとカットラインを設計すれば、このようにナイスなシルエットに収まるのですね。

もちろんノンパーマ。自毛を活かしています。

 

 

続いて、サイドビュー

 

 

ちょっと前まで、サイドバック共に刈り上げていたのですが、次の髪型に向けて、サイドは伸ばし中。

刈り上げてあれば、ボリュームはやはり抑えられるのですが、刈り上げずとも、レイヤーの入れ加減で、ある程度は補正は可能です。

よくありがちなのですが、『量が多い』というキーワードに対して、

とにかく、すく!

という選択肢しかない美容師さんがたまにいます。

ここに警笛。

『すく』=『セニング』という行為は、髪を無くしてくれるわけではございません。

ただ、短くするだけ。

だから、毛先は軽くなりますが、中間、根元は、元の量のまま。

むしろ、短くなる分、立ち上がってしまい、収集つかなくなるケースもございます。

 

そこんとこ、担当美容師さんにご相談を。

一部の天才以外、すきバサミメインで仕事してる美容師さんは、やばいかもです。

 

だって、、計算してないもん。。。

ご参考までに。

 

最後に正面いただいて。

 

 

 

写真撮られるの苦手なみきちゃん。

やっと慣れてきたかな?って思ったら、、、

 

 

 

やっぱ笑っちゃった。

おかわですね。

 

先ほどのお話にあった、『すく』という行為。

もちろん今回のスタイルにもしています。

が!!なるべく、ベースカットで、収まるように工夫しています。

そのように切ってあげると、ツヤが出やすくなるんです。

 

ヘアスタイルって、『形』だけの問題じゃないですものね。

もちろん『色』もしかりですが、『質感』も大切です。

それらのバランスが良いものが『いいスタイル』と言えるのではないでしょうか。

 

なので、スタイリング剤にも工夫を。

髪型によって、使い分けてあげるのが本来望ましいと思います。

ぜひその辺は、信頼の置ける美容師さんにご相談ください。

 

 

みきちゃん今回もご協力ありがと♡

 

さて、今日も張り切って参ります。

 

 

YSO

 

 

埼玉県熊谷市の美容室 電髪倶楽部

ピックアップ記事

  1. 業界大注目!!3エフのル・ポリサージュの色落ち経過レポ
  2. デザインチャレンジ〜アンテロープを再現する〜
  3. 日本屈指のコンテスト 『トレンドビジョン アワード2019』 ジャパンファイナル…
  4. お待たせしました。日本初!技術特化型オンラインサロンオープンのお知らせ。
  5. デザインチャレンジ〜朝焼けを表現する〜その2

関連記事

  1. インナーカラー

    初セッション!ちょっぴりスパイスなインナーカラー

    おはようございます。埼玉県熊谷市のインナー…

  2. カラーリング

    『おかわ』という文化。

    だいぶ前の或る日のこと。いつものように楽し…

  3. カラーリング

    ブロックハイライトというデザイン。

    こんにちは。埼玉の人です。ざっくり…

  4. インナーカラー

    納涼!『水色とブルーのインナーカラー』というお話

    おはようございます。埼玉県熊谷市の美容院電髪倶楽部ストリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スタイル

  2. カラーリング

    あの熊谷のアイドルが彼氏を連れてきた件
  3. ブログ

    白髪染めのアシタ。
  4. おしらせ

    本日より追加募集開始です。それと、、、
  5. スタイル

    ボブからショートヘアへ。イメージコントロールのコツ 
PAGE TOP